ニームパウダー入り速攻性米糠発酵肥料

この肥料は、速効性米糠発酵肥料70%にニームパウダー30%を混合し、ペレットにしたものです。現在、秋田県の野菜栽培でこの肥料が多く使用されています。
ニームパウダーは、ニームオイルの生産に伴って生産されるもので肥料として多く使用されており、土地改良効果の高い資材です。

特徴

  • ニームパウダーは栄養生長量の増加、豊富な開花量、根の伸長量の増加等の効果があり、全体的に果樹や野菜等の生育増進効果が見られます。
  • 植物の不必要とするアルミニウム等は吸収を妨げ、微量要素の欠乏や不均衡な要素を補います。
  • 根の伸長を早め全体として植物の生育を促進します。
  • 結果として有機栽培食品の生産性の向上、土壌の肥沃化に貢献します。

効果

速効性米糠発酵肥料の特徴である作物の生育から肥効が発現し、60日間程度肥効が持続、作物の良食味・多収が期待できます。また、水稲では尿素態窒素を緩効性化します。

※多くの土壌外注に対しての予防効果をより増加させるために、播種、植え付けする10日前に施用・混和が必要です。

肥料成分分析テスト結果(ドライ換算)

窒素全量 3.2%
全燐酸 4.3%
水溶性加里 2.7%
全苦土 1.7%

標準使用量

200〜400kg/ha
※国内施肥基準は25kg/反で、予防を必要とする虫の種類・大小を考慮し量の増加減が必要です。
局所使用:1kg/10〜15平方メートル

ページの先頭へ